フリーランスエンジニアのリアルな一日(業務委託の常駐編)

by matsubara

フリーランスエンジニアってどんな一日を過ごしているのか気になる人もいるかと思うので、僕の1日を書いていてみました。

フリーランスというとエージェントなとを通さずに完全に個人で仕事を受けて自宅などで仕事をしている人もいますが、今回は業務委託で客先に出向いているパターンとなります。

現状はこっちのパターンの方が多いのではないでしょうか。


あくまで現場によって違いますが直近のN社さんでの一日に着いて書いいこうと思います。

N社さんの業務時間は AM9:00 – PM 18:00 です。

朝起きてから出勤まで

僕の場合、朝早く起きてもやることがないので、結構ギリギリまで寝ています 笑

朝はだいたい7:30に起床して歯を磨いたり着替えたりして 8:00くらいに家を出ます。
特に交通機関の乱れなどなければ、会社には丁度 9:00くらいに着きます。


会社に着いてから


● 9:00〜
P社はフレックス制度があるので、9:00に着いたら早い方!まだ誰もいません。
とりあえず近くのコンビニに散歩がてら飲み物を買いに行きます。



● 9:15〜
まだ誰もいないので、とりあえずメールとSlackをチェックします。



● 9:30〜
まだ誰も来ませんが、とりあえず脳が温まるまで、前日にメモをしておいた課題を眺めながらネットで調べ物などをします。



● 10:00 〜
だんだんと温まってくるので、ボチボチ手を動かしてプログラムを書き始めます。
この頃になるとやっと周りのエンジニアも出勤してきます。

手を動かし始めると結構集中するので、午前中は深い所を集中して片付けます。



● 12:30〜
お昼にします。
お昼は近くの定食屋などですませて、余裕があるときは喫茶店に入って、コーヒーを飲みながら個人的なGMailやLINEのチェックをしたりします。



● 13:30〜
オフィスに戻ります。
食後は頭がボーッっとして脳が思うように働かないので、また30分ほどネットで調べ物などします。



14:00〜
残りのタスクを一気にこなす為、結構集中して作業します。



● 17:00〜
チームで集まり一日の作業報告会やミーティングなどをして、18時には退社します。

現在の契約は月額で約90万円 (税込み) をいただいているので、時間給にしたら5000円くらいです。
因みに実際に集中してコードを書いている時間は5〜6時間くらいでしょうか。


僕の場合はこれ以上の長時間コードを書くのは、逆にバグを生み出してしまう可能性があるのであえて避けています。


だいたいこんな感じです。
これが良いのか悪いのかの価値観は人それぞれだと思いますが、フリーランスのエンジニアの一日はこんなものです。

また、そこそこ経験を積んでくると、大企業の案件を受けることが多くなってきます。
中小企業に比べると大企業の方が安定していて残業も少ない印象を受けます。



帰宅後


スポーツジムに1時間ほど行きます。
一日中座っているので、ジムは欠かせません。


僕の場合は、個人でやっている仕事もあるので、夕食をすませた後、21時くらいから25時位まで自宅で仕事をしてから寝るという感じのサイクルになっています。


客先に出向いていて良い事は、社内で色々な人と関われる事ではないでしょうか。
自宅で一人でやっていると、行き詰まったときに相談できる人がいないので、逆に辛かったりもします。


それではおやすみなさい。










関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


Translate »