無職がエンジニアになるまで

by matsubara


はじめに

初めまして東京都在住のマツと言います。

ブログは前から書いてみたかったのですが、なかなか一歩を踏み出す事ができないでいましたが、今年の夏あたりから月収が7ケタを超えてきたので、 これを切っ掛けに学んだことや経験や体験などを少しずつブログに書いていこうと思います。

大きな声では言えないのですが、学生時代は成績は最下位、学歴はほぼないに等しく毎日フラフラ遊んでばかりの人間でした。 20代になっても特にやりたいことも見つからず、肉体労働系の仕事を転々とやっていました。

途中ある事をきっかけに企業してビジネスをやったりもしましたが2年ほどで潰しています。その事はまた今度書きたいと思います。

きっかけ

ある時仕事がなくなり、途方に暮れていた時にたまたま入った漫画喫茶で職業訓練AndroidJava)という募集広告をみて、 多少のパソコン経験はあったもののプログラムのことは殆ど何も知らずに、ノリで申し込みをしたのが始まりです。 その時は32歳でした。

職業訓練校ではプログラミング(AndroidJava)を半年間勉強して、卒業後は運よく社員3人の小さな会社に正社員として入社する事ができました。 その時の手取りは18万円ほどでした。

その後1年で退職してフリーランスになるのですが、今思うとその時の選択は間違っていなかったと思っています。

エンジニアを目指す人へ

エンジニアを目指そうと考えている人達に、実体験から言えることはプログラミングに年齢はほぼ関係ないという事と、 何があっても継続する意思があれば、徐々に知識や経験が蓄積されプログラマーとしての価値も上がっていくので、比例して収入も増えるという事です。

僕の場合は毎年 月ベースで5万〜15万円のペースで増やして行き、現在に至るという感じです。

普通のサラリーマンでこのペースで給料をあげるのはなかなか厳しいと思いますが、少なくともエンジニアという職業なら可能です。 因みに収入は8年間上がる事はあっても、一度も下がった事はありません。

言語とは

プログラム言語とはその名の通り言語でしかありません。あくまで機械に命令するための言語です。 生まれたばかりの赤ちゃんでも、数年も経てば片言の日本語を喋れるようになっているのと同じで、プログラム言語も毎日触れていればイヤでも上達していきます。

また、段々慣れてくると「オブジェクト指向」と言って、現実の物と同じ考え方ができるようになってきます。 この考え方が身についてくると大きなプログラムでも比較的理解しやすくなってきます。

いきなりは訳がわからないと思うので、オブジェクト指向についてもまたの機会に書きたいと思います。

最後に

最後にプログラミングの勉強方法として、独学はおすすめしません。 初めはわからない事だらけで、必ずイヤになる時がきます。

そんな時に周りに聞ける人や仲間がいた方が気持ち的にも心強いし挫折もしにくくなります。

続きはまた今度書きたいと思います。

それではおやすみなさい。

関連記事

コメントを残す

CAPTCHA


Translate »